夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「眠れない夜のエンジェル2」ユノ×チャンミン




~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。





こんばんは、みなさん。


僕の名前はシム・チャンミン。


僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。


今日も良い夜になりましたね。




僕は、今、東京都は港区にやってきています。



このマンションにどうやら眠れない人がいるみたいなのです。



思った通り、電気のついたこの部屋に、その人はいました。



コンコン!コンコン!



僕が窓硝子をノックすると、ベッドに座ったその人が顔を上げたんです。



そして、僕たちは、



お互いを見て、固まりました、



口を開けて。





でも、ずっとそうしているわけには、いかないし、僕は窓のロックを開けて、と指さしました。



そうしたら、その人は訝し気な顔でこちらを見ながらも、



ちゃんと開けてくれたんです!



「……」



けれど、また見つめあって、立ち尽くしていました。



「あ……」



最初に声を出したのはその人です。



「えー……と、これって……」


「ドッペルゲンガー?」



僕の方が言ってしまいました。



でも、違います。



僕は天使なので。



でも、言いたくもなります。



だって、その人は、



なんと僕と何から何まで、全く同じ外見をしていたのです!



「えっと、これ、なに?あれ、それ羽?羽?」



どうやら声まで同じです。



「あ、これは羽です。僕は天使です」



「じゃあ俺は死んだんですか?さっきまでカップ麺食べてたんですけど、あれどっか腐ってたってことですか?」



「いえ、僕は『眠れない人の悩みを聞く天使』」



「そんな天使聞いたことない」



「まだ言ってなかったので」



「じゃあ、俺は生きてるんですね?」



「多分」



僕達はそうしてまた見つめ合いました。



「あの……」



今度は僕から声をかけました。



「はい」



「何であなた韓国語なんですか?」



「俺、韓国人です」



「え、本当に?」



僕は驚きました。



「はい……」



「わあ、偶然ですね!僕も韓国人です!」



「韓国の人……羽生えてないですけど」



あ!そうだった!恥ずかしいなあ!



「あ、ごめんなさい。僕昔そうだったんです。今は生まれ変わって天使になりました」



「……はあ」



「あなたの名前は何ですか?」



「あ……シム・チャンミンです……」



「わあ、偶然ですね!僕もシム・チャンミンです!」



僕たちは黙りました。



「ええええ!!!」



僕は声を上げながら、もう一度目を丸くして驚きました。



「あなた、本当にシム・チャンミンなんですか?いいかげん、僕は部屋に入ってもいいですか?」



目を瞬かせて、もう一人のチャンミンは手のひらを室内に向けてくれました。



僕はやっと部屋に入ることができました。



やっぱり三月でもまだちょっと寒いから。



「良い部屋ですね。広い」



「はあ……どうも」



チャンミンは、窓を閉めて施錠をしました。



でも、本当に、自分と全く同じ外見なんて変な感じ。



着ている服は違いますけど。



「チャンミン。あなたは韓国のどこの人なんですか?」



僕は何気なく聞いてみました。ちなみに僕は白いローブ姿です。天使ですから。



もう一人のスウェットを着たチャンミンは、



「はあ……」と言いながら、教えてくれました。



そして僕はベッドに腰をかけて、床にあぐらをかいて座ったチャンミンの、


出身地や親族の名前を聞いたのです。


僕は目を丸くしました。



「じゃあ、チャンミン!あなたはもしかしたら僕の子孫かもしれません!」



「え、ああ……そうなんですか?」



「そうです!びっくりです!こんなことがあるなんて」



僕は口に手をやって唖然としました。こんなに驚いたことは今までにありません。


チャンミンは後ろ髪に手を置いて言いました。



「そうですか?俺はびっくりするの、それ以前の問題かなって」



「チャンミン!僕はとっても嬉しいです!子孫の悩みが聞けるなんて!それであなたの悩みは何ですか?」



「……」







つづく






2016/03/08 01:30公開

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。