夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「少し暗い日々の帳を抜けて11」ユノの短編 ウニョク キュヒョン ヒチョル


すごい疲労だったけれど、眠れず考えていた。ぐうぐうと声を出して寝るウニョクの横で、俺は天井を眺めて、それから静かに外に出た。


アパートの周りを独りで歩いた。
伸びて来た黒髪を夏の夜風がそよそよと撫でた。
道端で眠っているマダツボミの横を通り過ぎて、適当なガードレールに腰をかけた。
街灯の下で、持って来た赤と白のカプセルを眺めた。


暫く眺めて、息を吸い込んだ。


朝になったら、ウニョクに謝らないといけない。


白けて行く景色と共に、家に帰る。まだ寝ているウニョクの隣で布団に潜り込む。少しだけ寝て、朝の光と共に目が覚めた。



「おはよ、ユノ」
 


何でそんなに掃除する必要があるのか分からないけれど、台所で掃除しているTシャツとハーフパンツのウニョクにそのまま起き上がって歩いた。



「あのさ、ウニョク」



雑巾片手に俺を見て首を傾げている。



「俺、マスターになる」
 


ウニョクが口を開いて奥二重の目を丸くした。


それから、「マジ?」と言った。


俺は小刻みに頷く。


俺を眺めて、段々と開いた口の端を上げて行く。



「それで、パン屋なんだけど」
 


俺は言いながら後ろ頭に手を置いた。ウニョクは何も言わず、伺うように見ている。でもその顔は怒ってはいない。



「えっと、パン屋は……」
 


置いた手で、そのまま後ろ頭を掻いた。
こちらを伺って、ウニョクが声を出した。



「お預け?」



「……ごめん」
 


雑巾が顔に飛んできた。



「きたねっ」
 


その後にウニョクが飛んできた。俺に抱きついて笑った。



「それでこそ俺のトレーナーだよ!ユノ!やろうぜ!」



「でもパン屋」



「だからさっさとマスターになってくれ」
 


なぜか喜んでいるみたいなウニョクを置いて、仕事に出かける。


俺の方も仕事をどうするか考えないといけない。殆ど寝ていないのに、体は昂っていて、問題なく夕方に作業を終えた。



その足でヒチョルの元に向かう。










つづく

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。