夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「Rabbit's Adventures in Wonderland 3」ユノ×キュヒョン


日本生活に戻らないといけない。
まだ数日あるけど。
向こうの生活は慣れているし、仕事ができるのが一番だ。でも、外国の方が自分を必要としていることに寂しさはある。
芸能人として必要とされるだけ有難くて、量や質で計るものではないと思ってる。
アイドルの中では年配になって長いし、今も続々と新しいグループが生まれて人気が出て、そんなのは当たり前で、それでいいと思っているからそれでいい。
だが、こんな気分になるのは、たった一人のメンバーが、もう一人のパートナーを見つけてしまったからだろうな。
寂しいと言うか、悲しいと言うか。
俺はあいつに懸想してからは、女性が対象じゃなくなっている。
だから結婚はできないだろう。
でも、チャンミン以外の男をそういう目で見たことはなく、自己処理の時は女ではじまって、最終的に脳内で想い人になるから、やっぱり女が対象なのかもしれない。良く分からない。
それぐらい長い片想いだった。
その間何度これに出たか。まさか相方の結婚式から一か月経たず、また。
「なあ、ユノ」
「ん」
事務所が同じ、こちらも付き合いの長いドンへも日本で良く活動している。
数ヶ月前も向こうで飲んだ。あの時にはまだみんな独身だった。同郷だからか、優しい奴だからか、一緒にいると妙に落ち着くよ。
「あの奥さん綺麗だよな」
「ああ、うん。あいつも恰好いいしな」
俺はどっちの見た目も対象じゃないとか、救われないことを思った。
「すいません、ユノさんですか」
数人の、あの綺麗な奥さんの友人と思われる女性陣に声をかけられる。
ファンですとか、ファンでした、とか色々言われてやっぱり俺はこっちが対象じゃなくなっていると思った。
「飲み過ぎだろ、ユノ」
ドンへに声をかけられながら、グラスの赤ワインをまた手に取る。
「ドンへ飲まないの?」
「俺明日撮影だから」
そうか。いいな、と思った。
いや、俺もそこまで仕事がないわけではないけど。
でも久しぶりにこうして旧友に会うと気分が良い。
「ドンへー」
「はいはい。何?まさかもうできあがってんの?」
「うんー。ユノのできあがりー」
「おお、大丈夫かよ」
軽い会話も久しぶりだった。
だが残念なことに酔うとチャンミンを思い出した。
笑いながら溜息をつく前に、酒を口にする。
本当に長い片思いだった。
たった一人のパートナーだった。
そしてこれからも。
優しく首を絞められているのと同じだ。
ああ、違う。
俺はこの前、一気に絞められたんだった。



思ったよりも酔った俺は、気付くとタクシーの中だった。
ドンへの宿舎で一緒におろされた。
「最悪だな、俺」
「本当だよ。久しぶりに会ってこれかよ」
エントランスでドンへが笑って、俺も少し笑う。
もしかしたら、どこかで俺が行きたいと言ったのかもしれない。
宿舎にはドンへだけじゃなくて、同じグループのメンバーだっているのに。
「エレベーター乗れるかお前」
「多分」
こんなに酔うと思わなくて、足がもつれるのも久しぶりだった。
「そこにいて」
携帯電話をドンへが取り出してかける。
エレベーターの前で壁に寄りかかって、言われた通りにした。
すぐに眼鏡をかけた、この前も見た奴がエレベーターで下りて来た。





つづく

夜のつぶやきのようなもの109

こんばんは、皆さま。慌ただしく過ごしておる者です。



しかし、今日は当管理人少し酔っておりますゆえ、猛スピードで呟いてみようかなと。



シウォン氏のことでございますゆえ。



当管理人、今回のことでひしひしと感じましたのは……



「韓流界は、何でも起こるのだな」と言うことでございまして、日本の芸能事情とここまで違うのかと思ったのでございますね。



すごいことでございます。



当ブログが凡そ二年前にはじまりまして、これまでどれだけのニュースが飛び交ったか……



まあ、当ブログは、大勢の方を書いておりまして、大体皆さま一度は主役になって頂いておるのでございますが、皆さまを追おうと致しますと、当管理人普通に生活が出来なくなってしまうほど、色々とおありなのでございますね。



自分は最近、シム・チャンミン氏が復活されると同時に、目に致しましたある画像に、ずっと同じ方か新しいお方か、お相手は知らないのでございますが、「おお、おめでとうございます」と自分勝手に思っておりましたが、
(ユノ氏の発言?を読者様に教えて頂いたのでございますが、自分は全く追っておらず、知らなかったのでございますが)、連載も偶然そんな感じになっておりますね。しかし、あれは一年以上前に書いた話でございますが。


東方神起様につきましては、SNSを公式にすることで、歯止めになっていると事務所は思われていらっしゃるかもしれないのでございますが、どうでございましょうね。歯止めと言いますのは、一度チェックを入れられると言うことだけでございますが。
彼らは日本のお金を左右致しますゆえ、あまりプライベートの画像は上げない方が良い気も致しますね。
当管理人は、気にせずどなたの二次BLも書くのでございますが。



そんなことよりシウォン氏でございますね。



いやあ、想像だにしなかったことが起こるのでございますよ。しかし、あの犬氏は本当にお可愛いらしいのでございますゆえ。
もうあの犬氏の画像は上げられなくなるかと思いますが、シウォン氏には早く立ち直って頂きたいものでございます。


と言うことで、眠気が来たのでございますね。



もうこのつぶやきも見直しは明日でございますね。



それでは、皆さま。素敵な夜をお過ごし下さい。





睡魔夢子

「ねえ、俺のこと愛してくれる?3」ヨンファ ジョンヒョン CNBLUEの長編

                       



   
酷い話だ。俺が死ぬとか、本当にやめてくれ。
でも、言っていたよな、穴が開くほど俺を見てくるこの悪魔は。
「なに……?お前と、恋人?」
嬉しそうな笑顔で、また人間っぽくなる。
「そう、良い取引でしょ。大丈夫、ヨンファの心はいじらない。ヨンファは彼女がいるよね?一か月だけ我慢して、俺と恋人のふりをすれば良いよ」
俺は眉を寄せて、まじまじと目の前の悪魔の笑顔を見つめた。
「恋人の……ふり……ってどこまで?」
「キスとか、色々っ」
顎を引いて、上目遣いに白い顔がちょっと厭らしくはにかんだ。
何言ってんだ、こいつ。
でもこいつ、本当に俺に欲情してやがる。
まじ?
俺、悪魔と色々すんの?どう見たって、お前、男の身体してるんだけど。
「これ、夢じゃないんだよな」
「うん」
無邪気な返事しやがって。男がそんなのしても可愛くねえんだよ。
でも、俺には、選択肢がもう。
真夜中の自宅のリビングで、恐ろしく切れ長の目と見つめ合う。後ろの黒い羽より、この白さと、その眼が、現実感がなかった。
「……ことわったら俺死ぬの」
「うん」
微笑んだ顔には、俺が可哀想だとか、そんな憐みは一切感じられない。自分の恋心を満たせたら良いだけの、軽い気持ちでここにいるのが十分伝わった。確かに、こいつは悪魔だ。
これは現実で、自分はあと一か月で死ぬのだろう。
「一か月間、俺の生活はどうなるんだ?」
「何も変わらないよ。仕事すれば良いんじゃない?ヨンファ忙しくて大変だね」
他人事感半端ないな。
「お前はどうするの?」
「ここに住むよ。恋人だから」
そう言って、キッチンを背にして、伺うように、答えを待っている。
彼女とも同棲なんかしたことないのに。
男みたいな悪魔と、一か月、なんか色々付きの生活を送るなんて。
そんなの……ねえ、信じられる?
でも、死ぬより良い。答えは、簡単に頭に浮かんだ。
「分かった」
俺が言った瞬間、電気が消えた。暗闇の中、表情をなくした目の前の男を、その体を包みながら、青色の煙が、自分達の足元に流れて渦巻いていく。特殊撮影じゃないよな。ドライアイスを使ってもこんな。
部屋中に拡がって、もう腰まで大きな渦に巻かれて行く。気体の奥から稲妻に似た光が漏れているけれど、息が出来なくなりそうで、怖くなって、男を見た。色素の薄い瞳は、暗闇の中で殆ど金色に輝いている。
「契約は、交わされた」
ヨンファ。と、鼓膜が振動するのが分かるほどの不思議な声が、耳元で囁かれた。
恐怖と混乱は、人の動きを止めることが分かった。身じろぎもできない圧迫感の中、青色の気体は元々存在なんてしなかったくらい綺麗さっぱり何もなくなった明るい部屋で、正面から何かに抱きつかれていた。
圧迫感はこれかよ。
「恐かった?」
また耳元で囁かれて、ぎゅうっと抱き締められる。
「苦しいよ、離れろよ」
自分よりたくましい腕に抱かれるなんて、信じられないと言うか信じたくない。
「だめだよ、恋人なんだから」
全く離してくれず、暑くて室温調節しようと思いながら、気付いた。
部屋から、自分を抱きしめている男の方に視線をやる。肩口と茶髪の白いうなじしか見えない。でも伝わって来る、熱さ。室内と混ざった匂い。何も生えていない背中にも、筋肉がついていることが分かった。
「ヨンファ」
力をゆるめて、顔を覗き込んで来る。変わらない恐ろしく切れ長な目。だけど、嬉し気に微笑むと、端正とは言えない顔になる。
躊躇いもせず唇を塞がれた。
「少しは遠慮しろよ」
速攻離しながら感じた、温かな唇。体温。これは、悪魔って言うより、人間の男だ。
ーーその時、俺の運命が変わったことが、どこかで分かった。






つづく