夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

あとがきのようなもの(楽園のディオニュソス)

こんばんは、皆さま。終わった者です。



これで当分東方神起様の二次BLは書かなくても良いぐらいの量をこの夏は書いたのでございますゆえ。


そんな最近寝不足の当管理人でございますが、あとがきのようなものにうつりたいなと。




*お二人目のリクエスト内容は「Somethingの世界で、夢想でもバーチャルでも、ペンの切望を損ねない範囲で、チャンミン氏のタトゥーの秘密を解きほぐしてみて欲しい」と言うものでございました。




いつも来て下さるありがたい常連の読者様のリクエストだったのでございますが、今回は「これは別のリクエストに変えて頂いた方が良いかもしれない」と迷ったのでございますね。

先ず、当管理人の気力的に「短く軽いもので行きたい」と言う考えがあることを明確にお伝えした方が良かったなと。



こちらは、「東方神起様の曲、Somethingの世界」「ファンの切望を損ねない範囲で」「チャンミン氏のタトゥーの秘密を解きほぐす」という三つの条件がございまして、どの条件も話の内容を制限していくのでございますが、内容を決定するものと言いますのはそれだけ量が長くなるのでございまして。


自分も少しは書きたいように変えることも出来るのでございますが、これらは一つ一つが別条件で、一つなくなると重みを失いすぎますゆえ、リクエスト企画と言うことでは、変えられないのでございます。


と言うことでこれは長くなると、同時に、他の書き手様ならほぼないとは思うのでございますが、自分にとっては、「チャンミン氏のタトゥーの秘密を解く」ものと、「ファンの切望を損ねない範囲で」と言いますのは矛盾してしまうのでございまして。
チャンミン氏のタトゥーと言いますのは、「Mundus vult decipi、ergo decipiatur.」というもので、これにつきましてはあとでまた書きますが、皆さまご存知の通り、本物のタトゥーではございません。


そして、「ファンの切望を損ねない範囲で」と言う条件でございますが、これは自分の書くスタンスに反してしまうのでございますね。スタンスなどと言う言葉を使いますと、大層なものになってしまい恐縮でございますが。


自分は話を作ります際に、人の意見は全く考えないのでございまして、当ブログの話においてもそうでございますが、「これは読者様に好かれやすいだろう」「好かれないだろう」とは予想はしており、リクエストなどはその読者様の好みのジャンル(コメディーやラブロマンスなど)で書きたいとは一応思っておるのでございますが、内容は自分が読みたいものしか書かないのでございます。


長編の場合も、例えば途中で「ここをこうしてほしい」と、どなたかから、もしコメントが来られましても、申し訳ないのでございますが、それがどんな些細な事でも、変更は致しません。理由の一つは、自分の書く話のタイプが途中変更がきかず、用意したエンディングに辿りつけなくなる、もしくは、辿り着くのが遅くなりましたり、展開のバランスが崩れるからでございますが、他にも何点かございまして、しかし、それは今は良しと致します。


自分のスタンスでございますと、ファンの皆さまの切望を損ねようが損ねまいが、好きな話を書くのでございまして、共感して下さる方がいらっしゃれば嬉しいとは思いながらブログには上げておるのでございますが、自分の読みたいものを書くと言う気持ちが一番でございます。


勿論、あまりにもネット上で掲載するものではないと判断致しましたら、書きましても載せることはせず、ここには自分の基準をクリアした物しか載せていないのでございますが。


今のところクレームというのは来ていないのでございますが、ただ、自分の書く話は、東方神起様の二次BLでは、それが来やすいだろうとはいつも思っております。まずお相手がお二人以外と言うことがあるのと、話の内容も、最近は「不思議期」というものに、この先に考えておりました「アダルト期」や「病み期」という、もう書かないつもりでおりましたタイプのキャラクターが出て来ておるのでございまして、これらは自分にとっては書くのが楽なもので、ブログ開設から長くなりますと、楽な方へ流れて行ってしまうからでございますが、前者はBLには需要はかなりございますが、キャラクターはそんなに読んで楽しいものではございませんゆえ。


『Magic』と言うお話くらいから、雲行きが怪しくなっておったのでございますが、あのあとくらいに当ブログは予定なら終了しておったのでございまして、現在はおまけが続いておるようなものなのでございますが、書くことが出来なかった二つの『期』のキャラクターのタイプを不思議期と組み合わせて書いているところがあるのでございますね。



話がそれたのでございますが、これらの理由で「今回は自分にはかなり厳しいな」と思ったのでございますが、読者様が折角答えて下さったリクエストでございますゆえ、やはり書くしかないだろうと。
このリクエストは、当管理人ではない東方神起様の書き手様には、ほぼ全く苦労しないものでございまして、自分でございますゆえ、こうなってしまっておりますゆえ。



と言うわけでございまして、リクエストに「ファンの切望を損ねない範囲で」と頂きましたら、それに沿うのでございまして、こちらのお話は考慮致しました。



チャンミン氏のタトゥーのことは、あれはタトゥーではないと言う事実から、読んで頂けますと、自分の解釈は見分けやすいかなと思うのでございます。条件に沿って書いているつもりでおります。



「Something」の世界は、オリジナルしか聞いておりませんでしたゆえ、今回初めて日本語で聞いてみたのでございますが(ライブでは聞いてはおりましたが、聞き取り辛いのでございますゆえ)、「まるでSUPERJUNIOR様の日本語歌詞のようだ」と東方神起様にもまだそういうことがあるのかと驚きましたゆえ。なかなか酷い日本語の歌詞でございました。あれなら全く違う意味にしても良いだろうと。
しかし、あの韓国語歌詞は自分は結構好きで、格好良くあって欲しいとアイドル様に自分は思うのでございますが、歌詞内容がこんな感じでございますと、安心するところがございますゆえ。時々、アイドル様を見ておりますと「本当にこの方々は格好良いのだろうか」と不安になる時がございますゆえ。


ただ、世界観は自分にはぴんと来ないところがございまして、今回はPVのイメージからにするか悩んだのでございますが、この曲は自分には歌詞のイメージが強く、少しずつどちらも入れることに致しました。


モテる男性と言いますのは、当ブログはリアルの話ばかりで若いアイドル様はどうしてもモテますゆえ、ファンは勿論でございますが、事務所の他のアイドル様やスタッフなど、一日に恋愛対象になりやすい年代の異性と接する機会が多く、容姿もお互いに許容外ということはそこまでないだろうと思うのでございますゆえ、大体の男性アイドル様にはそれを基本で書くのでございますが、今回はパラレルと言うことで、わざわざそんな設定の人物にしたのが初でございました。


どういう男性が格好良いのかは、皆さま好みが違いますゆえ、決定することは難しいのでございますが、このお二人は、他がどんなに酷くてもそれを払拭できる外見はあるのでございまして、チャンミン氏はお顔もでございますが、お二人共スタイルが目立ちますゆえ。


ですゆえ、特に何か足さなくてもそこまで問題は無いのでございますが、まあ、当管理人が思うモテる男性と言いますのは、立っているだけで絵になる見た目が大半のポイントでしょうが、「仕事ができる」「会話能力が高い」と言うのも女性は弱いのではないかなと。
勿論これも一概には言えず、自分の大変身近にもそれには興味がない友人がいるのですが、この二点は頭の回転の速さに繋がっておりますゆえ、そういうものにときめく女性は多いと思うのでございます。


今回はユノ氏が、「女性には意外と話せない」と言われてはおりましたが、それでもチャンミン氏含めて、お二人とも、会話能力は高く設定しているのでございまして、チャンミン氏には仕事のことを入れましたが、これらと、PVのイメージを少しで「Something」の世界にしてみました。


タトゥーは自分は入れておりませんが、何人かは友人などにおりまして、それが皆、代償行為とは思わないのでございますが、そう言う場合もあると思っております。



そんなわけでございまして、このお話は、こんなところでございますね。



ハ*******様いつも本当にありがとうございます。今回も自分では思いもつかなかったリクエストでございまして、感謝致しております。難しいものでございましたゆえ、恨み言になったのでございますが。←
機会があるかは謎でございますが、またリクエスト募集の際は、これに懲りず果敢に難しさに挑戦して頂きたいものであるなと。いえ、お好きなものを仰って下さいませ。
コメントもあとで返信させて頂きますゆえ。




まあ、当分東方神起様は良いでしょう。皆さまお腹いっぱいになったのでございますゆえ。他のブログ様で是非楽しんで下さればなと思っておるのでございます。





それでは、またお話の中で。






睡魔夢子

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。