夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「本日の異世界 (9月30日)」EXOTICAについての中間報告のようなもの


こんにちは、皆さま。早くからこちらをお送りできる者です。


今日もかなりの動きが見られたのでございますよ。
自分はこちらの世界から「頑張って!」と声援を送っているのでございますが、もう見ていられないのでございますね!


いえ、皆さまは見て下さいね!と言うことで本日動きが見られました異世界はこちら


海の底、森の奥

EXOTICA:青の洞窟 「cruel spiral arousal 《3》」 - 緑黄色野菜
EXOTICA:赤の洞窟 「They Never Know 5」 - EXO企画



半分も過ぎますと、段々とお戻りの兆しが見え始めたメンバー様もいらっしゃるかなと思いましたら、皆さま人生にはそれよりもっと重要なことがあると言わんばかりでございますね!


本当に戻って来るのかな!



*ここから先はネタバレになるのでございますゆえ、まだご覧になっていらっしゃらない方はまずは、五人の書き手様方のお話を読んで下さればなと思っておるのでございます。



それでは本日の異世界。




新着 EXOTICA:黄の洞窟『海の底、森の奥』シウミン(本名ミンソク)


警察署にて、犯人と近い人物の写真を発見したシウミン。捜査協力は終わった。次の日、紳士に女性との関係を聞かされる。血の繋がりの無い姪にあたる彼女は、誰かに付きまとわれていると相談していた。そして、紳士は元の世界へ戻る装置の手直しをすると言う。
気付くとシウミンはカップの中身を凍らせ中。



新着 EXOTICA:白の洞窟『虹を求めて|EXOTICA:白の洞窟 「identity crisis・5」』セフン


自分は「ヤンゴ」ではないと「キョン」に打ち明けたセフン。「キョン」は分かった上だった。「ヤンゴ」は、彼にとってただの同居人であり、想い人で、セフンが来た日に行方不明となっている。
二人が元へ戻る手がかりを探すため、互いの素性を話し合い中。



EXOTICA:緑の洞窟『大帝男子 EXOTICA:緑の洞窟 「触手」』チャニョル D.O.(本名ギョンス)


触手蠢く森の中に迷い込む。D.O.はそこで触手に捉えられ、あられもない目に遭うが、目撃してしまったチャニョルとの関係は変わり始める。特殊能力も発揮され、異世界で生活を送る二人の恋の行方は……帰還!



新着 EXOTICA:青の洞窟『EXOTICA:青の洞窟 「cruel spiral arousal 《3》」 - 緑黄色野菜』カイ(本名ジョンイン)チェン(本名ジョンデ)


オフにされたスケジュールで、懇々と眠り続けるチェン。疲れからかカイも同様だった。しかし、先に起き、コンビニで買った二人分のラーメンを作り、自分から抜けている恋人の時の記憶を話してくれと言うチェンに、カイは、明日仕事から帰れば話すと言い、再度恋人を眠らせ中。



新着 EXOTICA:赤の洞窟『EXOTICA:赤の洞窟 「They Never Know 5」 - EXO企画』スホ(本名ジュンミョン)ベッキョン


水をやると回復するものの、弱い蝶を肩に乗せ、進んでいくベッキョン。湖を発見し、蝶は中に入って消えた。スホがいるかもしれないと服を脱ぎ捨て、湖に潜って行く。底で丸くなっているスホを発見した!手を伸ばすと、相手は目を開けるが、酸素が足りず、ベッキョンは意識を失い中。


洞窟の外『EXOTICA:洞窟の外「LA SIESTA」 - 夢の続き』男


洞窟の係員と巨乳アイドルの話をし終え、一緒に浜辺で蟹と戯れ中。



と言うことでございまして、常夏の当企画でございます。まさかこんなことが起きてしまうとは!
皆さまの世界に自分が入り込んでしまうのでございますね。


では、今日のサマーソングは東方神起様とEXO様のタグで参りましょう。この曲で異世界の一大事も笑ってやり過ごして頂けたらなと!素敵なサマーソングでございます。




TVXQ & EXO - HaHaHa (dance practice) DVhd


ポジティブシンキングで行きたいのでございますね!


大変なことが多い異世界でございますが、笑顔は絶やさないのでございます。



さあ、これからどうなってしまうのか?盛り上がる展開に、「本日の異世界」も残すところあと二回なのでございますね!



『EXOTICA』そろそろ佳境でございます!



それではまた明日、異世界で!





睡魔夢子



EXO企画『EXOTICA』実施中→EXOTICA:「入口」 - 夢の続き

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。