夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「俺はヘンリー」ヘンリーの短編


俺はヘンリー。



中国班のスーパージュニアMのメンバーだ。



だから、基本、スーパージュニアMが中国で活動する時にしか参加はしない。



でも、シングルも出したし、韓国のバラエティ番組にも出てる。



なかなか順調に人気も上がっているようだ。



でも、やはりMのメンバーだからか、



メンバーとの萌え的なものはほぼないと言っていい。



みんなはすごい。



メンバー同士ですごい。



ファンミーティングとかすごい。



俺が見ても、彼らはゲイなんじゃないかと思う。



ちょっと羨ましくもある。



俺だって、そういうのでも頑張ってみたい……とはあんまり思わない



けど、何となく仲間はずれ感があるのが悲しいんだ。



ということで、われらがリーダーの部屋をお訪ねしてみました。




「おお、ヘンリー、どした?」



「トゥギヒョン、俺もやってみたいんです」



「おお、何を?」



「俺もメンバーと……カップリングされたいんです!」



「おお、頑張れ」



リーダーはあんまり聞きたくない、と言う風に後ろを向いてデスクワークを始めてしまった。



「あの、手始めに……」



「おお、何か恐いな」



リーダーは前を向いたまま、パソコンで何かスケジュールなのか、司会用の台本なのかカタカタと打ち込んでいる。



「ヒョンと……どうにかなりたいんですけど」



「おお。だめだ」



「はやい!でも、ヒョンはよくステージであんなことやこんなこと!」



「俺の意志じゃない」



「え、でもすごい嬉しそうな顔してましたよ!」



「嬉しくない」



さすがだ。

リーダーのことちょっとそうなのかと疑ったこともあったけれど、やはり普通の男なんだな。

あれは、彼のプロ精神のあらわれなんだ。

でもちょっとショックだ。実はあの中で一番ありだったんだ!



「ステージ上だけでもお願いします!」



「だめだ、俺はキュヒョンとできてる」



「えええっ!!!」



床に座ったまま、ふっ飛ぶかと思った。



「冗談ですよね?」



「いや、ほんとだ。それよりステージ上だけって、お前元から攻めるつもりだったのかよ」



カタカタと打ち込む音が聞こえる。



「ちょっと待って下さいっ!そんなこと今までっ!」



「聞かれなかったから」



「ええっ、でも!普通分かりませんか??俺全然気づかなかった!!」



あれ!いや、ちょっと待てよ。

確かにリーダーは彼の時は本当に嬉しそうな顔してたな。

してたけど、みんなそっちみたいだから気付かなかった!



「おわぁ……マジかぁ……」



「おお。詳しくは『不思議な夜に』を読んでくれ」



「ほえー、失礼しました」



俺は、意識がおぼつかないまま部屋を出た。

ということは、キュヒョニヒョンもだめってことだ。


しかし、これは驚いたな。まさか実際にいたとは。



もしかして、俺の知らないところでみんな……



いやいや、そんなわけないだろ!どんな恐ろしいグループなんだよ!



そうだよ、まだ沢山いるんだから、俺も頑張ろう!





俺の挑戦は続く。







『俺はヘンリー』おしまい







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という自分のお話の紹介でした。← 今日は「眠れない夜のエンジェル」はお休みです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。