夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「placenta」ユノ×チャンミンの短編


確か、ここは一度通った気がする。



雰囲気で、と「シム・チャンミン」は思った。


でも絶対とは言えなかった。


視界がとても暗いのだ。


体をくるりと動かしたら、恐らく方向さえ分からなくなる。


だから、壁づたいに歩き始めたものの、どこからか間違えたのかもしれない。


困っていた。


今までこんなことはなかった、と思う。


とてもとても順調な人生を送ってきたから。


道も悪い。


歩きにくくて、疲れも出て来た。


随分変なとこに出たな、と思いながら、チャンミンはとうとうその場に座り込んでしまった。


上を見ても下を見ても何も見えない。


まだ夜ではないはずだけど、と思いながらため息を吐いた。



その時。



「チャンミン」



チャンミンは座ったまま、自分の名前を呼んだ方を見た。


「誰ですか?」


でも誰でも良かった。


この状況をどうにかしてほしかった。



「チャンミン」



正面に来ている。チャンミンは、恐らく自分と目線を合わせて座った声の主を暗闇に見つめた。


「待って今明かりをつけるから」


疲労と、沢山のことがありすぎて、準備が整わないチャンミンの体は返事が遅れた。
でも声の主はそんな彼の状況も分かっているようだった。



無のような黒い空間に音がして、白色の火花が飛んだ。


ふわりと丸く視界が開く。



ランプに火をつけた男が見えた。



「ついた」



と言ってその口が弧を描いた。


全く邪気がない笑顔にチャンミンも安堵感も相まって自分の顔が緩んだのが分かった。


男は片膝を立ててかがんでいた。



「歩ける?チャンミン」



チャンミンは頷く。どうやら、道のりは長いらしい。疲れきっていた身体も、自分以外の人間に出会えたこと、その笑顔に少し回復しているようだった。


「あなたの名前はなんですか?」


前を歩く男が振り返った。自分より背は低いのかなと、チャンミンは思った。でも自分より筋肉がついているとも思った。



「ユノ。覚えててくれる?」



また綺麗な笑みを見せた。


ユノ。
チャンミンはその名前を胸に刻み込むように、頭の中で繰り返した。そして、なぜか分からないけれど、とてもいい名前だと思った。


ユノの手の中のランプは、薄汚れた皿のようなものに液体が入っているだけの簡素なものに見えた。



「ユノ。それはアルコールですか?」



チャンミンが聞く。



「これは動物性の油脂だよ。良くもつ」


「そうですか」


とても頼りになる人だ。チャンミンは微笑んだ。




すると、




チャンミンの耳に、ゴオッと強い風の音のようなものが遠くで聞こえた。



その方向を見上げる。



「電車だよ」



ユノが言った。



「ああ、そうですか」



かなり遠くで聞こえたから、あれには自分達は乗れないな、とチャンミンは少し悲しくなった。


ユノは振り返ってそれを見ていた。


「疲れた?」


首を横に振って、またチャンミンは微笑んだ。


でも今度の微笑みは、自然と出たわけではなかった。


そんなチャンミンを気遣ってか、ユノは隣に並んだ。



「俺、昔ね、チャンミンくらいのころ、もっと怖がりだった気がするな」



そうは思えなかった。でもそうでもいいな、とチャンミンは思った。



確かに、なぜか怖くはなかった。



今はもっと怖くなかった。





それからどのくらい歩いただろう。


ユノが言った。



「そろそろ休もうか。寝ないと」



チャンミンにはランプの灯りだけで、今が昼か夜かも分からない。


でもこの人には分かるんだろうか。


その場に腰を下ろしたユノに、続くようにチャンミンも座った。


揺れる炎を見つめながら、風は少しあるのだろうか、とチャンミンは思った。


それから横目で、ユノを見た。



美しい黒い瞳。



その瞳にゆらゆらと赤い光が揺れているのが見えた。


ああ、この人がいてくれて良かったな。


一人だったら、今頃どうしていただろう。



「ねえ、チャンミン」


「はい」



「チャンミンはどんな死に方が一番怖い?」



光の揺れる瞳が自分を見て、チャンミンは少し頬を染めた。



「そうですね。僕は息が出来なくなるのが怖いです」



「そっか。そんな場所は沢山あるだろうね」



「宇宙には空気がないと聞いたことがあります」



ユノがまた視線をランプに移した。



「そんなところにも、いつか行くかもしれないね」



「ユノは?」



「俺は、体温が調節できなくなるほど熱い場所で死ぬのが怖いな」




「砂漠」




チャンミンは呟いて、炎を見つめる顔をそっと盗み見た。




「でも砂漠に浮かぶ満月は綺麗らしいね」




そう言ってユノは微笑んで、それを思い浮かべるように目を閉じた。







いつの間にか、眠りについて、目が覚めると、ランプはまだ燃えていた。


チャンミンは眠っているユノを視界にいれながら、本当によくもつ、とたまに音を出して揺らぐ火を見つめた。


気付くと、横になったまま、目を開けたユノがチャンミンを見ていた。



この人に見られると胸が高鳴ってしまう、チャンミンは息を吐いた。






二人はまた歩き出した。


沢山の話が二人の長い道のりを飾っていった。


そして、また、


「休もう」


と言うユノの言葉で二人は腰を下ろした。


間にある灯を見つめるユノに対してチャンミンは、もうユノを見るのを躊躇わなかった。


ユノがチャンミンに目を向けた。


「ねえ、チャンミン」


「はい」


「疲れた時は、これを舐めるといい」


と言って、ユノが立ち上がった。


チャンミンは小首をかしげて眺める。自分達の周りには何もなかったから。


ユノが壁に体を向けた。


不思議に見ているチャンミンの前で、ユノはその口から赤い舌を出した。


チャンミンはまた胸が高鳴るのを感じた。


その赤い舌が、壁を舐めた。



「ユノ?」



チャンミンは眉をひそめる。


ユノはチャンミンを見て可笑しそうに笑った。


そして、ちょっと口の中を味わうように動かすと、また壁を舐めた。


怪訝な顔をしているチャンミンの正面に座って、


「ほら」


と、少し自分の舌を見せた。


チャンミンが恐る恐る見ると、ユノの赤い舌の上にもっと赤い何かがついている。


舌が引っ込められた。


「チャンミンも舐めてごらんよ」


ユノの口が閉じて弧を描く。


でもチャンミンは首を横に振った。


「僕はいいです」


ユノの言う通りにはしたいと思ったけれど、腰が引けた。



新しいことをする時はいつも緊張してしまう。



口元に笑みを浮かべながら、そんなチャンミンを見据えて、


ユノは座ったまま、また顔を壁に向けた。


そして、唇を開いた。


チャンミンは固唾を飲んでその光景を見てしまう。


舌が出されて、今度は少し長めになぞった。


口は閉じられてユノは微笑む。


「チャンミン、舐めてみて」


チャンミンにくっつくほど体を寄せて、


ユノが目を伏せてゆっくり赤い舌を出した。


チャンミンは頭がぼんやりとした。


ユノの赤い舌に導かれているような感じがした。



それから、



ユノの体ならいいかもしれない、



と思った。




その赤い舌の、もっと赤い何かに、



顔を近づけて、チャンミンは舌を伸ばした。


溶けるように、ついた。


ユノの柔らかさを感じた。


体温も。


匂いはなかった。


それは多分チャンミンが、あまりにも心臓が早く動いて、息をするのを忘れてしまったから。



甘い。



顔を離すと、


チャンミンは舐めとった何かを、口の中で確かめた。


甘かった。


甘くてとてもおいしいと思った。


これはもしかしたら、


ジャム


かもしれない。



苺のジャムは、赤くて、甘い、と聞いたことがあった。



チャンミンはそう思いながら、ユノを見た。


ユノはチャンミンの反応が分かっていたように、微笑を浮かべて見ていた。


チャンミンが何も言わず、じっと見つめると、


ユノはまた同じことをした。


今度はチャンミンは、その舌を吸った。


味わいながら、もっと深く吸った。


その美味しさと、気持ちよさに、眩暈を覚えた。


ユノの柔らかい舌が、甘くて、おいしいものを運んでくる。



チャンミンは何度も何度も唾液を、こくんこくんと飲み込んだ。



「ん……」


飲み込まれるユノが吐息を漏らした。


チャンミンは顔を引いた。


「もう味しないでしょう?」


ユノが目の前で可笑しそうに言った。


純粋な笑顔をチャンミンは眺める。


「でも気持ちがいいから」


そう呟くと、ユノも見つめ返した。


「そうだね」


聞き終わる前に、チャンミンはまた口を合わせた。


ユノもチャンミンの伸ばされる舌に、自分のを与えた。


絡み合って、ユノも味わっていた。


体さえ更に寄せようと、お互いの後頭部に手を回した。



口内からは、水分は絶え間なく出てくるから、


いつまでも味わうことができる。


そのたびに飲み込んでいく。



でも少し、相手の顔が見たくなって、手を回したまま、なんとなく二人はまた顔を離した。


少し汗ばんだユノが声を出す。



「俺は……体温が調節できなくなるほど熱い場所は、そんなに怖くはないのかもしれないと思ったよ」



荒くなった呼吸のままチャンミンはその顔を愛しげに見る。



「僕も、息ができない場所でも、そんなに怖くないかもしれないと思いました」


二人はまた唇を重ねた。


自分達の口腔内を蠢く舌に、意識がおぼつかない。


座っていられなくなって、その場に倒れこむ。



長くて深い食事だった。





もしかしたら、一晩中そうしていたのかもしれない。


抱き合ったまま、ユノの首元でチャンミンは目が覚めた。


自分たちを見慣れた灯が照らしている。


二人の体温が合わさると、まるで気温が上がったようだとチャンミンは思った。


ユノが起きて、なんとなく気恥ずかしさを感じた。


でも、とても幸せだと思った。




二人は寄り添って、道を行く。


でもこれは本当に道なんだろうか、


チャンミンは思った。


ぐねぐねとして、視界は変わらない。



と、その時



また、ゴオッとあの音聞こえた。



今度は近かった。自分達を照らしていた明かりが揺らめいた。



「もうすぐだね」



ユノがその方向に顔を上げて、呟いた。



その言葉になんとなくチャンミンは不安になった。



「もうすぐ……ですか?」



「うん」



もうすぐ、その場所に着いたら、自分達はどうなるんだろう、と思った。



今までずっと、順調な人生だったと、思う。


でも、チャンミンは今胸が苦しくなった。


二人は手を繋いでいた。


チャンミンはその手に力を込めた。息が出来ないままここでユノといる方がいいかもしれないと思った。



ユノは握り返しながら穏やかな顔で前を見ている。



「大丈夫。そんなに、悪いところじゃないよ」



ユノが足を進めて、チャンミンもそれに合わせて歩いた。



「ユノ。やっぱり、僕、ここで」



ここで、ユノとずっとこうして、と言おうとしたチャンミンに、



あの音が、続けて聞こえ始めた。



「大丈夫、チャンミン。前向いていいよ」



ユノが笑った。



そこで、チャンミンは、



もうずっと自分達は、後ろ向きに歩いていたんだと気づいた。



なんで、


なんでそんなこと。



でも分かった。


それは自分のせいだ。



チャンミンは、自分の下腹部を何かで繋がれていたのが分かった。



「ユノ」



声をかけたユノは優しい顔で微笑んでいる。



「前を向いてごらん、チャンミン」



チャンミンは振り返ってみた。


後ろからユノが語り掛ける。



「すごく、眩しい世界だよ」




ユノの声が聞こえる。




「沢山の」




ユノの声が遠くになっていく。




「光が」




チャンミンは、ユノの言う光に、まだ見たこともない輝きに、飲み込まれていくような気がした。




次は大人になってから。




最後に、聞こえた気がした。









「こら、やめなさい」



二人の女性が、並んで座っている。



「いいんですよ、大丈夫です」


そう言った一人は妊婦だった。



そのお腹を、まだ小さな男の子が手を伸ばして、撫でたのだ。



その男の子の母親が、偶然、隣に居合わせた身重な女性に謝った。


「本当にすいません」


「いえいえ。気にしないでください」


「ほら、ごめんなさいは?」


膝の上に座らせていた男の子を謝らせて、母親はその子を抱き上げた。


「じゃあ、失礼します」


「はい」






電車は速度を落とされて、







もう駅に到着する。













『placenta』完











×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。