夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「Rabbit's Adventures in Wonderland 4」ユノ×キュヒョン


Tシャツにスウェットパンツで髪が濡れている。
ちらっとこちらを見て、呼び出した人間と来た。
「行くぞ」
ドンへに手を引かれて、一歩踏み出した足がもつれた体を、慌てたもう一人に支えられた。そのまま肩を組まれる。
「ドンへ、開けといて」
強く言われた通り、エレベーターの中で先にドンへがボタンを押して待った。
シャンプーの香りのする濡れた栗色の髪が俺の頬にあたる。
そう言えば声も良かったんだったなと思い出した。
途中から一人で歩けると思ったけれど、言うのが面倒でそのままにした。
何となくもうどうでも良かった。
二人に支えられて、最悪も最悪な俺が、肩を組まれたまま、ドンへの部屋ではない、もう一人の部屋に連れていかれる。
ベッドにもたれかかった俺の前に座って、心配げに見られた。
「ごめん。気にせず、寝て」
「俺、明日遅いんで」
だからこいつの部屋だった。本当はもう少しドンへと飲みたい気持ちがあったんだと思う。でも、なぜかまたこの男が一緒にいる。
「水飲んで下さい」
ガラスコップに入れられた水を口元に持って来られた。
ここまで酔った姿を他人に見られるなんて。苦笑してコップを持った。
「大丈夫。自分で飲める」
俺が言うと、視線を泳がせた。
一口飲んで、襟元が苦しいのに気付く。
ネクタイしたままだった。
コップを置いて、うんざりと弛めた。
それから、目元を片手で抑えて溜息をつく。
迷惑かけ過ぎなのは分かっている。最悪だとも。でも、どうしようもなかった。
まだ苦しいのは襟のボタンで、本当にそこを絞められてるみたいだった。
小さく笑うと、首元を触られ、目を抑えていた手を下ろす。
楽になったのと同時に、キュヒョンが何も言わず次のボタンに手をかけていた。
けれど、俺と目が合って、その手を止めた。
酔いが醒めた気分になった。
気まずそうなのに体を引かないから、更に気まずい。
鼓動が早いのは酔いのせいだと思っているけれど、久しぶりにプライベートでチャンミン以外の人間に至近距離で来られて、身じろぎも忘れた。
「ありがと」
とだけ言う事ができた。
「いえ」
視線を泳がせて、赤い顔でまたボタンを開けられた。何か変な気分になるな。
やっぱり俺の対象はこっちなんだろうか。横髪に手をあてた。
「もう、いいよ」
三番目のボタンに手をかけていたキュヒョンの手を取った。
動きが止まって、「あ、ごめん」と離した。そう言えば唯一、俺の性癖を知っている奴だった。
この飲み過ぎの理由も考慮されているんだろう。
困ったような顏が俺を見つめて、「いえ」と言って、前のめりになっていた体を戻してそこに座った。それでも自分達は向き合った十分近い距離だった。
「キュヒョン。俺ちょっとシャワー借りて良い?寝てていいから」
酔いは一連の流れで醒めてきたけど、もっと醒ましたくなった。ノーマルな失恋相手のノーマルな親友に変な気を起こしそうだ。そして、大分汗をかいて気持ち悪い。
訝し気に見られた。
「浴びれます?」
「大丈夫」
俺が立ち上がると、一緒に立ち上がられた。風呂場まで案内される。
「あ、新しい歯ブラシあったらもらえない?歯磨きたい」
洗面所の鏡の前に立つと、どうぞと渡された。
「さんきゅ。歯磨き粉はこれ?」
「はい」
脱ごうかと思ったけれど、鏡越しに目が合ったから先に歯を磨いた。
「キュヒョン。寝てていいよ」
「いえ、眠くないんで」
そう言って動かない。仕方なく磨き終わってシャツを脱いでいく。上着は部屋に置いて来た。中のタンクトップを脱ごうとして、突っ立っているキュヒョンに目を向けた。
そんなに酔って見えるのか。
「そこにいられると恥ずかしいけど」
「でも酔ってて危ないから」
それから「見ないです」と言って、顔を背けられた。
「別に見ててもいいけど」
思わず口元がゆるんだ。キュヒョンがこちらを見て、じっと見つめられる。
さっきの距離を思い出した。やっぱり俺は酔っているな。自分の性癖を知られているやつで、男で。
酔いのせいで鼓動が激しい。
タンクトップから手を離して、振り返った。
「そこにいられると変な気分になるけど」
何となく抑えが効かなくて、一歩寄って、白い顔を覗き込むと、目を丸くされた。
「冗談だよ」
鼻で笑いながら、栗色の髪に手を置いた。もう乾いている。
半分は冗談ではなかった。
そこまで抑えがきかないわけじゃないけど、触りたいとどこかで思ったからだった。
キュヒョンは視線を泳がせては、俺を見た。
丸く黒い瞳も、変わっていない。
「一人でも大丈夫だよ」
見つめながら、呟いた。
だけど、心配そうに俺を見て、こちらの性癖も忘れている。
「なに?一緒に入る?」
視線が泳ぐだけだ。
「冗談だって」
苦笑しながら、まだ動かないから、また変な気分になってくる。更に覗き込む。
「眼鏡してるんだな」
黒いフレームを触った。
「はい」
ゆっくりと瞬きされた。俺の方が少しだけ背が高い。
「とっていい?」
両手で柄を持ってみた。これも半分冗談で、実際、とってみたい気もあった。
「はい……」
許可され、キュヒョンを見つめながら、何で拒否しないのか分からず、言った手前持ち上げて、外した。
もっと大きな瞳があらわれた。
引き寄せられるように近づく。
なのに不安げにこちらを見るだけで何も言わない。
「キュヒョン。何でそこいるの?」
キュヒョンは二回瞬きして「心配だから」と言った。
「このままだとキスしちゃうけど?」
早く動けよ、と思いながら顔を寄せる。
目蓋を開いて、黒い瞳がより見えたのに逃げないから、唇に距離がなくなる。
俺は酔いのせいにして、そっと口づけた。
顔を離した。
「悪い。忘れて」
でも目の前で、ゆっくり瞬きするだけで動かない。
それを見つめて、もう一度、近づけてみた。
そのあと少しの位置で相手の顔を眺める。
「何で?キュヒョン」
声に出さずに「分からないです」と答えられた。見つめ合う。
鼓動が激しい。もう一度、唇を重ねた。






つづく

夜のつぶやきのようなもの111

こんばんは、皆さま。こんなに寒いはずはないと思っておる者です。



今日は最近溜まっておりました洗濯をし、夕飯を終えまして掃除中なのでございますね。


いやはや、また明日から忙しくなるのでございまして、もう憂鬱でございますが、しかし、それもまた良しでございます。


断捨離をしたいと思い、捨てられる服を三着選んだのでございますが、十着は本当は選べるはずなのでございます。なのに自分はなかなか服が捨てられない性格で困っておるのでございますね。


服と本以外のものはどんどん捨てて行くことが出来るのでございますが、服が捨てられないのは、60年代、70年代のデザインのものがあるからでございまして、捨ててしまうとアンティークを捨ててしまう気持ちになるからなのでございますね。本も絶版のものなどぼろぼろでも捨てられず困るのでございます。


生地が傷まないよう気を使うのが面倒。


今朝は早朝に腹痛で死ぬかと思ったのでございますが、死なずに済んだのでございます。これは昨日、友人にドイツソーセージの食べ放題飲み放題に誘われて行ってみたのでございまして、久しぶりにはりきって飲み食い致しましたら、ソーセージの脂が胃に来たのでございます。年は取りたくないものなのでございますが、自分はもともと油ものに弱い人間でございますゆえ。


朝に布団の中でうなりまして、胃薬を飲むか悩んだのでございますが、面倒でそのまま寝ました。←


女三人だったのでございますが、自分の周りは男も女もとても良く食べるのでございます。なぜなら当管理人が食べるのが好きだからでございまして、結果的に周りに残ったのがそう言う人間であったと言うことなのですね。女性ならまだしも、男性で食べられませんのは自分は本当に難しいのでございますゆえ。
無理せず楽しい食事が出来るのが一番でございますが。



昨日は無理を致しましたゆえ。あと自分が思いましたのは、ドイツソーセージは美味しいのでございますが、日本も無添加の波が大分前から来ておりますゆえ、日本のソーセージも美味しくなっていると思ったのでございます。スーパーでそういうものも手に入りますゆえ。


やはりあと7着くらい選んでみたいなと思うのでございますね。Tシャツ類も含めてなら何とかピックアップできるかもしれないのでございます。


そう言えば、昨日はやっと一つお話を終えたのでございますね。「白が降りしきる深夜」は初めから読み返して、最終話まで書いたのでございますが、あのEXOTICA用に書きました頃は、時間との戦いで文章が酷く、それの修正から参りました。しかし、取りあえず書いて上げると言うスタンスはこうやって終えることもできますゆえ、悪くないかもしれないとも思ったのでございますね。


またあとがきも書かねばなりません。誰得話でございましたが、なぜか自分は結構好きであったのでございます。感想も頂きまして、ますます嬉しかったのでございますね。


ではでは断捨離を続けることに致します。



それでは、皆さま。素敵な夜をお過ごし下さい。





睡魔夢子

「白が降りしきる深夜 最終回」テミン セフン SHINeeの短編 EXOの短編


顔の横に手をつかれながら、見上げる顔色が変えられなかった。
「もっと最低なこと言うと思ったけど」
と、答えられて、セフンは胸がしめつけられるのを感じた。
「自分で分かってるのはそこまでです。でも言ったのは全部さらけ出したくなったから。それくらいちゃんとは、付き合いたい」
表情が変わったのは自分だった。必死に何かを請うているようだなと思った。
「お前のちゃんとは良く分かんない」
「でも、付き合ってくれますよね」
そう言って、着ているシャツの襟元を片手で開け、次々とボタンを外した。躊躇いがちに少し視線を泳がせたテミンに構わず上半身起こしながら、タンクトップごと脱ぎ取った。
「ちょっとすいません」
殆ど体重をかけず馬乗りになっている自分より小柄な身体の下にあるベルトに手をかける。
その身体が浮かされると同時に、キスがされた。
手を止めて、正面の白く綺麗な顔を見た。丸い目が、先ほどより和らいでるのを見て、柔らかかったピンク色の唇に、今度はこちらから行った。
重なり合うと、顏や腰や体中を触りながら、セフンは相手の反応も構わず数度口づけた。
「お前いつか俺にいれるな。本当最低だ」
呟いた相手の細い腰を引き寄せながら、セフンは「いつもはどうなんですか」と舌も入れた。甘い味がした。
「俺、がたいの良い外国人としか付き合った事ないから、こっちはまだ三回目くらい」
「それ以上言ったら、今すぐ俺もいれます」
白い顔を弛めて、端を上げた唇がまた降って来る。パーカーを脱がせて上半身裸にすると、セフンは目を細めた。
優しく両手で顔を支えられ、覆いかぶさるようにキスがされると、座ったまま抱きかかえた体がもっと密着する。
後ろのテレビ台に乗ったグラスの中で小さな白い泡が絶えず生まれ、上がって行く。窓は水滴で漆黒に見えなくなってしまっている。多分終電はなくなっただろう。
自分がこの人間に入る頃には、きっとこれまでにない唯一無二を相手に感じている。離れることなど考えられなくなっている。セフンは予感がした。
だって、もう一新されたような眩しさの中にいる気がする。この相手もそう思っていて欲しいと願うのは、自分の日常が今、テミンに染まったからだと、セフンは確信しながら、重ねていた。
まるで色を変えたような夜に。







『白が降りしきる深夜』おわり