夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「眠れない夜のエンジェル9」ユノ×チャンミン




~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。





こんばんは、みなさん。


僕の名前はシム・チャンミン。


僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。


今日も良い夜になりましたね。




僕は今、カリフォルニア州はロサンゼルスで、子孫であるチャンミンのナビを務めてはいるものの、なかなかミッションがインポッシブルなのです!ちなみに後部座席では、二人の男が苦しんでいるところなのです!




「ご先祖様!あとどのくらいですか!」



「距離は大体最初の位置から変わってませんよ!!」



「そんなはずないっ!」



どうやら遠回りがきいています。



チャンミンがバックミラーで後ろの二人を見ました。



「ご先祖様、ちょっと後ろの人達に水をあげてもらえませんか?脱水症状にならないようにしないと」



「分かりました」



僕は後部座席へ移動します。



二人の席の横にペットボトルが一本ずつ置いてあります。



「どうぞ。飲んで下さい」



口開けてウトウトしている人を起こします。



「ありがと……チャンミン……」



「もっと、飲んで下さい」



「ちゃ、チャンミン……羽が……羽があたる……」



厚手のセーターを着たユノ氏に飲ませてから、隣の席のマネージャーさんにも飲ませて戻ります。



「飲ませました……って、え?ここどこ?」



僕が助手席に戻ると、なぜかナビの地図と逆方向を走っています。



「俺にも分かりません!」



チャンミンがハンドルを掴んでイライラしています。



「チャンミン!分かりました!変わりましょう!!」



僕はもう見てられません。このままでは犠牲者が出るか警察の御用になってしまいます!



「え、運転できるんですか!ご先祖様」



バックミラー越しに目を丸くしたチャンミンに頷きます。



「マニュアルでもできますから」



僕とチャンミンは運転を交代しました。



「チャンミン、後ろの二人に付き添ってあげて下さい。僕は大丈夫ですから」



「はい!」



もう一度ナビを見ます。電波障害が起きて見れない場所があったようです。



正規のルートとは外れますが、念には念を入れて大丈夫そうな道からめざします。



順調に目的地に向かっています。



「……チャンミン……?チャンミン?」



「はい。チャンミンですよ」



ユノ氏とチャンミンの声が後ろからします。


バックミラーで見ると、チャンミンが優しい顔で苦しそうなユノ氏を見ています。



「チャンミン……がいる」



「ええ、います」



「……じゃあ……誰が……運転してるの……?」



「……」



チャンミンが微笑んでいます。



「……チャンミンが、運転していますよ」



優しく言ったチャンミンに、ユノ氏はちょっと納得いかない顔で唸っています。



病院が見えてきました!



「チャンミン!病院です!!」



チャンミンが助手席に来ました。



「本当ですね!」



ほっとした顔のチャンミンとバックミラー越しに頷きます。



そろそろ外が白んできました。



病院に到着です!



「俺行って来ます!ご先祖様ちょっと二人をお願いします!」



チャンミンが走ります。すぐに救急隊員と一緒に戻ってきました。



二人が担架に乗せられて行きます。



「ご先祖様、ありがとうございます」



車をおりた僕に、涙ぐんだチャンミンがそっとハグをしました。



チャンミンに車のキーを渡します。



「では、チャンミン。また眠れない時は呼んで下さい」



「はい、ご先祖様」



「グッバイ!」



「グッバイ!」



もう夜は終わりです。



真黒だった空がコバルトブルーに変わって行きます。



あと少しすれば、ここカリフォルニアに、きらめく朝日が昇るに違いありません。



天使チャンミンは、白い羽をぱさぱさと動かすと、夜空に飛び立ちました。



子孫チャンミンと、呆然として足を止めた救急隊員がその後ろ姿を見送ります。



そしてこの二人のチャンミンは、近いうちに再び会うことを、




二人はまだ知らないのです。






つづく







ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

管理人が寝てしまい、更新が遅れて申し訳ありませんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。