夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「PLAY5」ユノ×チャンミン

少しウトウトしただけで、すぐ目が覚めた気がする。


壁一面の硝子窓のカーテンが半分程開かれていて、窓に沿って取り付けられた腰かけに座っているチャンミンと目があった。


「チャンミン?」


「早く寝て下さい」


外の光が窓に頭をつけたチャンミンの顔を照らしている。


「呑んでるの?」


手に焼酎の小瓶が見える。


「そんなには呑んでないです」


そう言って、窓の外に顔を向けた。
起き上がって、ベッドから出る。少しはだけていたバスローブの前をしめた。


その側に行くのを、分かってるように何も言わず窓の外を眺めている。
向かいに立つと、チャンミンの後ろに上海の夜景が見えた。


「見てヒョン、今日は上まで見えますよ」


と言って、指さしたチャンミンは子供のようだった。一際目立つ上海のテレビ塔を見ている。その手前の大きな川を隔てて、向こうの夜景は現代的で色鮮やかだった。


「本当だ。明日ちょっとは晴れるかな」


紫色のライトアップは消えていたけど、上までくっきり見えていた。


「ゲーム画面みたい」


そう言ってチャンミンが焼酎を口に含んだ。


「あんまり呑むな」


「そんなに呑んでないです」


また窓に頭をつけるのを見下ろして、小さく息を吐く。


「なあ、チャンミン。お前は?彼女は?」


「いないの知ってるでしょ?」


そう言えば、別れたの同じくらいだっけ。


「お前それで呑んでるの?」


焼酎を飲む手を止めて、俺を見上げる。


「ヒョン。その前は俺がいつ別れたか覚えてますか?」


そんなこと言われてもすぐ出てこない。
考えている俺を見て、チャンミンがにやりと笑った。


「ねえ、ヒョン」


と瓶を置いて言いながらチャンミンが立ち上がる。


「なに?」


いきなり見上げる側になった俺を見下ろすチャンミンの顔に、色鮮やかな光が射し込んでいる。




つづく

「夢の続き7」ユノ×チャンミン


うっすら目を開けた。


今日は何曜日だっけ。


木曜だから古紙回収か。


じゃあ捨てる物ないな。


捨てたいものならここにいるんだけど。



「なんでここにいるんだよ」


俺の心中に反して、まるで安心しきった寝顔が目の前にあった。


確かに床に寝させた。


記憶の中のシム(俺の名字)随想録をめくってみても、「あなたは床です」って書いてある。


俺は間違ってない。


なのに何でこの男は間違ってるんだ。


「あのすいません」


声をかけてみる。


「あの」


反応はない。


ばっと起き上がりながら布団をめくった。


「え?え?」


寝ぼけまなこで横たわったまま、空中を見てその視界に俺が入ると、ふわっと笑った。


「チャンミンだ!!」


じゃねーよ。


「あなた、床で寝てましたよね!」


「え」


と言って床を二人で見ると抜け殻の様な掛け布団が転がっている。


「おかしいね」


と言って照れたように後ろ頭を撫でながら起き上がってくる。
可笑しいのは、何時間も前からで、それはもう可笑しいというより異常事態なんだけど、それは今更いい。


「ユノさん、俺は友人でもない男と」


と俺が言っている最中に、ベッドからはい出して窓の外を見出した。
俺に振り向く。


「チャンミン!雨だね!」


そうですね、そのせいで学校行くのが面倒ですよ。


「窓開けてもいい!!雨触ってみたい!!」


俺は遠い目で微笑みながら、


「どうぞ」


と言った。


窓を開けて、わあきゃあ言ってる男を遠い目で眺めながら、はたと思い出した。


今何時だ?携帯電話を見る。いつの間にか電池が切れてる。


起き上がって壁掛け時計を見に行く。




ーー9時。




……終わった。








只今9時03分(ユノの退役まで510日)

「PLAY4」ユノ×チャンミン

仕方なく俺もそのまま起き上がって自分のベッドに腰をかける。一呼吸置いてから口に出した。


「そうじゃないよ……チャンミンが、俺がまだ傷心だと思ってるから、楽しませようとして」


「あれをしてると思ってるんだ?ヒョンは」


と、俺が全部言い終わらないうちに微笑んだチャンミンに続きを言われた。なんとなく気まずくてこめかみを掻く。


「なるほど。それ良いですね。じゃあ次からそれで行きます」


と言って笑って頷きながらチャンミンが横になった。ということはただ遊んでるだけだったのか。


「おいチャンミン」


「ユノヒョン」


「はい」


俺の返事にチャンミンが噴き出した。その笑顔を見て、なぜかこれが本当の笑顔だと思った。最近チャンミンは、目だけ笑っていない事があるとその時気づいた。


笑い終えた後に、


「もう寝ましょう。寝るとこだったんでしょう?」


と言われて、もっと言いたかった言葉をのんでしまう。素直に横になった俺を横目で確認すると、また満足そうに笑って、


「お休みなさい、ヒョン。明日また遊んであげます」


と言って目を閉じる。


「おい!」


と上げた声は無視されたみたいだった。





つづく