夢の続き

東方神起、SUPERJUNIOR、EXO、SHINeeなどのBL。
カテゴリーで読むと楽です。只今不思議期。

「夢の続き14」ユノ×チャンミン


さっきまで挙動不審だったと思えないくらい、ユノが堂々と差し出してきた、


「苺のショートケーキ」


を見て、俺は動きを止めた。


「あ……うん。いいんじゃないですか?」


「チャンミン今何か考えなかった?」


「あ、いや、この手の人ってこういう感じなんだと思って。うん、いいと思います」


「え、チャンミン。それどういう」


「ちなみに何でこれを?」


顔を上げて、ユノを見ると、聞かれると思わなかったのか、みるみるユノの顔が赤くなってくる。

なんだなんだ?


「えっと……その」


真っ赤な顔のユノを見ながら俺は眉間に皺を寄せる。


「お、お祝い」


お祝い?


「何のお祝いですか?」


まさか……『君と僕が出会えた奇跡に乾杯』的なこと言い出すんじゃないだろうな。


ユノがもじもじしながら言う。


「えっとっ、チャンミンと俺が出会っ……あれ?チャンミン?もう会計行くの?」




「照り焼きチキン弁当」と「苺のショートケーキ」の会計をしていると、店長が俺に言ってきた。


「あ、そうだ。チャンミン君、来週のシフトなんだけど、木曜日新商品の集荷が多くて、もし入れたら入ってもらえると助かるよ」


「すいません……来週の木曜日も実習で遅くて」


「あ、そうか。そうだそうだ」


眼鏡をちょっとあげながら、忘れてたことを恥ずかしそうに笑う店長に、俺はまた申し訳なくなる。

店長がおでんの蓋をあけておたまを持った。


「チャンミン君、おでんの卵と大根も二つ入れてあげるよ」


「あの、俺が入りますよ」


「え、おでんに?」


と店長がユノに顔を上げた。


俺はいきなり口を挟んだユノの日本語が上手かったことに驚いてた。


「俺がチャンミンの代わりに木曜日働きます」


目を見開いて隣にいるユノを見る。店長はおたまを持ったまま静止している。


ユノが俺に向いて照れたように笑った。


「ほら、あなたとコンビにファミリーマートって言うし」


それは、店が違うと、思いながら、俺はユノが何を言い出したんだと、唖然と見ている。


そんな俺の顔を少し首を傾げながらじっと見た後、ふと笑って、



ユノが俺の口にキスをした。







只今21時25分(ユノの退役まで503日)

「夢の続き13」ユノ×チャンミン


「ここですよ」


と言った俺に、


「うん」


と、ユノがまるでこの場所が目的地で当然のような返事をしたのは引っかかったけれど、
でもそれも今深くは考えられないくらい、
俺にはこの人間と同じに自分を思い悩ませている、


俺のバイト先のコンビニだった。



「あ、チャンミン君」


「店長、こんばんは」


「あれ?お友達?」


「いえ、違います」


俺の即答を聞いて、顎に手を置いたユノに、「店の中見ててください」と言って行かせた。


最近老眼が入ってきたという目をぱちくりさせて店長が俺達を見てる。


このコンビニは店長夫婦が営んでて、日本だと珍しい個人経営だ。
食材は安いスーパーで買ってしまうけど、コンビニに行くなら自分の働くここに行くようにしてる。
留学生の俺にも優しくて、日本で友達の少ない自分にとっては、気楽に誰かと話せる数少ない場所の一つだけど……。
でも俺は、そろそろ本当に学校が忙しくなってきて、というか専念したくて、週三日のこのバイトを辞めるべきか悩んでた。


「あの、店長。来週のシフトなんですけど、水曜日遅くまで学校に残らないといけなくて、別の曜日に変更してもらえませんか?」


「あ、そうなんだ。うん、いいよ。休みにしておくから、来れる曜日ができたらでいいよ」


と、微笑んで頷かれる。俺の状況を分かってくれて、何でも希望を聞いてくれる。
でも自分が迷惑をかけてることは良く分かってた。


どうにかしないとダメだ。


「大丈夫だから、見てきなよ」と言われて、躊躇いながらも店内を見る。


でも、とりあえずユノだ。


良かった。普通に食べ物を手に取って見てる。
「ねえ!チャンミン!これ何に使うの!」とか言ってお母さんが言葉に詰まらせるようなものを見せてきては俺を困らせたりするのかと思った。


でも手に取って見てるというよりは、掴んで遊んでる感じもするけど。
商品で遊ぶのはやめましょう。


「ユノさん。食べたいもの選んでください」


「え!」


と声をあげて、なぜかユノはおろおろし出した。


そんなユノは置いといて、
俺は「からあげ弁当」と「ダブルハンバーグ弁当」で迷う。
もうクリスマスの商品が並んでる。
定番メニューは大体食べてるから、そーゆー新商品でもいいか。
「照り焼きチキン弁当」も候補に入れよう。


「決まりましたか?」


と横を見ると、


「え」


と、醤油の一升瓶を手に持ってるユノを見て、また俺は食べるものをどれにするか悩む。


やっぱり、からあげ?いや、ダブルハンバーグいっとく?


「チャンミンっ!」


「なんですか?」



呼ばれたので横を向く。




「決まったよ!」









只今21時04分(ユノの退役まで504日)

「PLAY9」ユノ×チャンミン

日本用のツアーの打ち合わせをしなければいけなかった。


ツアーのラストは自分達の国だけれど、一番長く、規模の大きな場所は日本だった。



「ヒョン。ここは俺ですよ」


「あ、そうだ」


「俺のパート取らないで下さい」



特別なツアーだったから、力が入ってるのに加えて、心なしかスタッフ全員の口数が少なくなっている中、チャンミンと俺は良く喋った。


俺達の会話を聞いて、笑いが漏れる。


その相乗効果でまた良く話して、緊張感のある時間が流れる中で、いつもどこかに達成感と、昂揚感以外の楽しさがあった。


舞台装置が運ばれてくると、感慨深さも出てくる。


夜に、スタッフも少なくなって、みんな食事に出て行ったり各々の時間を過ごす中、客席に座って、出来上がって来る舞台を眺めていた。



「もう行きましょうよ」


ダークグレイのパーカーのフードをかぶって、ポケットに手を突っ込んだチャンミンが客席の間にある階段の上から降りてきた。


「うん。行くよ」


と、答えても、漠然と動かない俺の隣の席に座った。


「あーお腹空いたなー」


とこれみよがしに言われて、苦笑する。


「ダイエット解禁できて良かったな」


最近なかなか自分で納得のいく体にならない俺の代わりにチャンミンは見せる為に体型を絞っていた。


「結果的に解禁になってるだけで、心の中では続けてます」


「そうだね」



とまた笑うと、「そうですよ」とチャンミンは得意そうに言った。





つづく